「季」とは…kinobunka

  私たちに喜びと豊穣をもたらしてくれる季節(自然)。 季は、のぎへん(稲穂を表す)に子どもと書きます。縄文時代後期より稲作と共にある日本ならではの考え方で、五穀豊穣(豊かであること)や健康、子孫繁栄などの幸せを「季」の一文字に表現してきたのでしょう。 季節を意識した暮らし方は「癒し」や「喜び」をもたらしてくれることも多く、人としての「節理」を学ぶ機会でもあります。旬の食材を用いたお料理は「伝統的な健康食」をいただき元気になるということ。季節の花は人の気持ちに寄り添い、華やかにも、奮い立たせてくれることもあるでしょう。季節を意識した暮らし方は、人生の充実につながると信じています。